メルマガ登録はこちら
保護者のための「ワンポイントテーマ」をお送りします。
ご登録情報を第三者へ 提供することはありませんので、ご安心下さい。
配信停止は簡単にできますので、ご安心下さい。
お名前
メールアドレス
次回のオンラインセミナーご案内はこちら☆

あべが思うこと

ニュースおかしいよなぁ

ニュースを紹介していて、

よくよく読むと、おかしいな、と。

おかしいけど、

あえて、そのまま記事にしています、こちらで文章を変えるわけにはいかないですし、仕方ない。

でも、やっぱり

おかしいな、と。

なにがおかしいって、

「不登校」というのものが、なんだか「わるいこと」として扱われていますよね。

例えば、読売新聞掲載の栃木県のニュース

「不登校なくせ」って、

なんか、すごい言い方、ボクはイヤですね。

わるいことをしているみたい。

あと、香川県のニュース

ちょっと新聞社に文句を言われる覚悟で書きますけど、

「不登校になったきっかけは非行や怠惰など本人にかかわる問題が5割以上で最多~」

って、

こんなイイ加減な記事、ありなんですかね。

「本人にかかわる問題」として挙げられているのが、「非行や怠惰」って、その示し方はおかしい。

非行も怠惰も、

どっちも、本人が「わるい」って意味ですよね。

それに、

「けんかなど友人関係をめぐる問題が約20%~」って

なんでわざわざ、「けんか」とか書くんですかね。

「非行」「怠惰」「けんか」で、不登校生は70%を超えているんですか?

そうですか?

ホントに?

「非行」でも「怠惰」でも「けんか」でもなく、

「なぜ学校へ行けないのか、わからないんだけど、行けない」

「どうしても人間関係が苦手なんだ」

「行きたいけれど、クラスの中には入りたくない」

などと思っている子供たちは、ごく少数派なのでしょうか、そんなことないですよね。

香川県だけ違うのかもしれないですが、

ボクの知る限り、不登校生の5割以上を「非行」「怠惰」で片づけられるような現状ではないと思います。

「教育委員会」の発表となると、

「行きたいけれど、行けない」は、おそらく「怠惰」になるのでしょうね。

やっぱり、

「不登校=わるいこと」というイメージが消えないんでしょうね。

ちょっと批判的なことを書いてしまって、すみません。

でも、

ニュースを紹介している責任上、

ニュースの文面を、そのまま鵜呑みにしなくてイイよ、と子供たちには伝えたくて。