メルマガ登録はこちら
保護者のための「ワンポイントテーマ」をお送りします。
ご登録情報を第三者へ 提供することはありませんので、ご安心下さい。
配信停止は簡単にできますので、ご安心下さい。
お名前
メールアドレス
不登校生の親の学びの集い「おやまなび」

あべが思うこと

キャッチボール

「会話」のことを、「言葉のキャッチボール」と言ったりします。

 

キャッチボールをするときには、

ちゃんと、キャッチしてから、ボールを投げて下さいね。

 

あたり前じゃないか、と言われそうですが、

そう、あたり前ですので、ちゃんとキャッチして下さい。

 

ちゃんとキャッチして、

しっかりとキャッチして、

キャッチしたかどうか確認をするくらいキャッチして、

もう一度だけ確認するくらいキャッチして、

 

投げるのは、それからにして下さい。

 

いきなりボールを打ち返したりしては、いけません。

 

ちゃんとキャッチして下さい。

 

そして、投げるときには、

相手がキャッチしやすいボールを投げて下さい。

 

たとえ相手が、取りづらいボールばかり投げてきても、

だからといって、やり返したりはせず、取りやすいボールを投げて下さい。

 

相手が、ちゃんと投げてこないからといって、

キャッチボール中に、そっぽを向いていてはいけません。

 

せっかく投げてくれたボールに気づかないでいると、

ボールは、そこらへんを転々とするだけで、投げた相手は残念な気持ちになります。

 

投げられたボールは、ちゃんとキャッチして下さい。

 

キャッチするのが苦手な方はいると思います。

うまく投げるのが苦手な方もいると思います。

 

でも、

「ちゃんとキャッチしよう」とする気持ちや、

「キャッチしやすいところへ投げよう」という気持ちは、

いずれ相手も“キャッチ”してくれるはずです。