メルマガ登録はこちら
保護者のための「ワンポイントテーマ」をお送りします。
ご登録情報を第三者へ 提供することはありませんので、ご安心下さい。
配信停止は簡単にできますので、ご安心下さい。
お名前
メールアドレス
不登校生の親の学びの集い「おやまなび」

あべが思うこと

「不登校生に共通しているキーワード」とは

ある学生さんが、サークル活動で不登校に関する小冊子を作るということで、

ボクへ簡単なインタビューを申し込んでくれまして、それを受けました。

 

数名に同じ質問をして、それをまとめるそうです。

 

質問の1つで、

「不登校生に共通すること、共通するキーワード」というものがありました。

 

以前からボクのブログを読んで下さっている方は、おわかりかもしれませんが、

「不登校生の共通点」など、ボクは「ない」という考えです。

ひとりひとり違います。「不登校」という枠でくくってしまうことには無理があります。

 

「不登校とは、こうである、だから、こうすればイイんだ」

みたいな”マニュアル化”した論調は、本当にあぶないと思っています。

昔はそれでも良かったかもしれませんし、多くの方に通用したかもしれませんが、

これだけ個性が多様化してきた現在、もうそうした“マニュアル化”のできる時代は、とうに過ぎています。

 

オトナが勝手に敷いた“レール”を、うまく進めないという“意思表示”が不登校という現象なのであって、

そのような子に、またオトナが勝手な“レール”を敷くんですか、また“マニュアル”通りに進ませたいんですか、という話です。

 

と、このことを書くと長くなるので、話を戻しますね。

 

そうしたわけで、

先の質問に対して、ボクは「共通するキーワードは『ない』ですね」と答えました。

 

学生さんは困った顔をして、「なんでもイイから1つだけ」と質問を繰り返しました。

 

そこでもボクは、「ないですね」と答え、ボクの考えをお伝えしました。

 

学生さんは、ウンウンと話を聞いてくれて、「なるほど」と言ってくれました。

 

が、それでもやはり、活動の方針としては、ここで回答を得ないと困ってしまうようで、

「それでも、あえてキーワードを挙げて下さい」と、また同じことを質問されました。

 

とても熱心な学生さんでしたし、

「ない」「ない」と言い続けるよりも、イイ機会なので、あらためて考えてみようと思いました。

 

その場で、少し時間を頂きました。

 

あるキーワードを思い浮かべるも、「でも、あの子は全く違ったしな」と思ったり、

別のキーワードを思い浮かべても、「あのご家庭は正反対だったしな」と思ったり、

ちょっと、アタマを悩ませました。

 

さんざん考えたあげく、ボクは回答しました。

 

学生さんは、回答を得られたことに満足をして頂いたようでした。

 

ボクが「不登校生に共通するキーワード」として挙げたのは、

 

「自信そうしつ」です。

 

ボクがそう考えただけで、実際にはわかりません。

そもそも、共通点を探す発想は持たないようにしているわけですし。

 

しかし、ボクが回答に至ったのは、ここでした。

 

保護者の方の中には、「ウチの子は、自分に自信を持っている」と言われる場合もありますが、

それでも行動に移すのが難しいのは、むしろ自信を失っている姿だと思っています。

 

ボクの回答は、ここでしたね、「自信そうしつ」。

 

なので、保護者の方やサポートする立場の方、またそれを目指している方は、

お子さんが「自信をなくしている」という前提で、

そして、「だから、自信を取り戻してあげよう、自信をつけてあげよう」という気持ちで、

接して頂けるとイイかな、と。

 

伝えたいことを最後に凝縮してしまったような記事でしたが、

学生さんのおかげで、こんなことが書けました。