メルマガ登録はこちら
保護者のための「ワンポイントテーマ」をお送りします。
ご登録情報を第三者へ 提供することはありませんので、ご安心下さい。
配信停止は簡単にできますので、ご安心下さい。
お名前
メールアドレス
不登校生の親の学びの集い「おやまなび」

あべが思うこと

かくしごと

隠しごとくらい、ありますよ、誰でも。

子どもが親に隠しごとをする、なんて、
どこにでもある話ですから、別に全てを知ろうとしなくてイイんですよ。

「ウチの子は、なんでも話してくれるんです」と言う保護者の方は何名もいらっしゃいました。
それはそれでイイと思います。

でも、「なんでも話してくれる」はずの子が、
「これ、親には言わないでね」なんて言ってきたことは、正直、山ほどあります。

ボクは基本的に、「言わないでね」と言われたら言わないですので、
本人が打ち明けていない限り、いまだに「隠しごと」になっているはずです。

例えば、中学生くらいの男の子で、母親に何も隠しごとがない、と聞いたら、
むしろ、ちょっと心配になるくらいです。

全てを知る必要はないですし、知ろうとしなくてイイんです。
隠しごとくらい、あったってイイじゃないですか。

これは賛否両論あると思いますが、
ボクは、「子どものケータイを見る」ことについては反対派です。

犯罪に関わっていたり、いじめられている可能性があったりと、
様子がおかしい場合に見るのはアリだと思います、それは本人のためだからです。

しかし、興味や欲求のレベルで子どものケータイを見ることには、反対です。

見たって仕方ないですよ、大したことはわからず、へーとか、ふーんとか、で終わります。
それがクセになって、そして見つかって、信頼関係がガタガタと崩れる方が大変です。

ケータイを見る、とか、
自分がされてイヤなことは、子どもたちにもしない方がイイと思っています。


「なんにも話してくれない」

それは別に不登校だからではなくて、思春期だからです。
自然なことですし、成長や自立の証です。

隠しごとくらい、ありますって。

そんな「隠れていること」よりも、
いま見えている姿、いま聞こえている声、を、
もっともっと大切にしてみませんか。