メルマガ登録はこちら
保護者のための「ワンポイントテーマ」をお送りします。
ご登録情報を第三者へ 提供することはありませんので、ご安心下さい。
配信停止は簡単にできますので、ご安心下さい。
お名前
メールアドレス
不登校生の親の学びの集い「おやまなび」

あべが思うこと

例え話でイメージ

ある「例え」を紹介します。

ボクが考えた例え話ではないのですが。

 

人に何かを教える際には、

「重たい車輪に油をさすように、

地面にある舟を水に浮かべるように」

とのこと。

 

重たい車輪を

「回してあげる」のではなく、車輪に「油をさす」。

つまり回りやすくしてあげるわけですね。

 

地面にある舟を

「動かす」のではなく、

水をはって、浮かべて、動きやすくしてあげるわけですね。

 

原文は「人に教える」ことの例え話ですが、

それに限らず、

相手を励ましたい、支えたい、あるいは心を軽くしてあげたい、

などと思ったときには、

ちょっとイメージしてみるといいかもしれませんね。

 

重たい車輪に油をさすように。

地面の舟を水に浮かべるように。

 

こちらが動かす、のではなく、動きやすくしてあげるイメージ。

やらせる、のではなく、やりやすくしてあげるイメージ。

わかりやすい例えですね。