メルマガ登録はこちら
保護者のための「ワンポイントテーマ」をお送りします。
ご登録情報を第三者へ 提供することはありませんので、ご安心下さい。
配信停止は簡単にできますので、ご安心下さい。
お名前
メールアドレス
不登校生の親の学びの集い「おやまなび」

あべが思うこと

ドア

今日の記事は短くしてみようと思います。

じっくりと読んで、イメージして頂いて、
そして、その先にボクが書きそうなことは、ご自分でイメージして頂ければな、と。

学校を休みがちの時期、
あるいは、逆に、復学を頑張ろうとしている時期、

保護者の方にとっては、
本人が家から外に出るまでが“戦い”だったりします。

ドアを開けて「行ってきます」と出て行くことで、
ホッと安心、“戦い”が終わる、という感じで。

しかし、
本人たちにとっての“戦い”は、家から外に出た後だったりします。

ドアを開けて「行ってきます」と出て、
そこから先が“戦い”となる子は少なくありません。


保護者の方は「ドアまで」になりがち、
しかし本人は「ドアから」。

そうであることを意識してあげて下さい。


ついでに、サポートする立場の方々へも一言。
サポートが「ドアまで」にならないようにしましょうね。

本当に大事なのは、次にドアを開けるとき、
つまりは帰宅後の様子です。


というわけで、短めに。