メルマガ登録はこちら
保護者のための「ワンポイントテーマ」をお送りします。
ご登録情報を第三者へ 提供することはありませんので、ご安心下さい。
配信停止は簡単にできますので、ご安心下さい。
お名前
メールアドレス
不登校生の親の学びの集い「おやまなび」

あべが思うこと

親が変わるのか子が変わるのか

 

本人が学校へ行かずにいると、
「子どもに変わって欲しい」と思う保護者の方は多いでしょう。

また、専門家の方の言葉などでは、
「親が変われば子も変わる」といったものが見られます。

「子が変わる」ほうがいいのか、
「親が変わる」ほうがいいのか。
どちらがいいのでしょうね。

もしくは、
どちらを先に取り組むほうがいいのでしょうね。

「一緒に」がいいと思います。

そして、
「変わる」というよりも
「成長する」という心がけにしましょう。

「変わってくれ」と願うばかりでなく、
逆に、
「変われない私がいけないのだ」と嘆くばかりでなく、
一緒に成長する機会かもしれない、
と考えてみてはいかがでしょうか。

例によって、
本人が学校へ行っていようがいまいが、
あてはまることなんですけどね。

わざわざ「一緒に成長」などと言わなくてもいいので、
心の中では「一緒に成長」と思ってあげましょう。

せっかく親子なんですから。